医師会について

歴史・沿革

『明石郷土史』(1930)によれば、明治15年に明石郡医師組合が誕生し、さらに明治39年に明石郡医師会となりました。当時会員数は30余名で、コレラ、腸チフス、赤痢などの伝染病対策に苦労した記録が残っています。大正8年に明石市制が施行されるに伴い、明石市医師会となりました。

戦後の激動期であった昭和22年11月13日、社団法人明石市医師会が設立され、その後近隣地域の合併によって現在の市医師会の形が整い、今日の発展を見るに至りました。
「市民のため」を合言葉として、常に行政の各機関と連携をとりつつ、協力し合うことがわが医師会の「良き伝統」であります。

昭和22年 社団法人明石市医師会 設立 初代会長 三好博文先生就任
昭和25年 第2代会長 国賀欣一先生就任 明石市立市民病院 設立
昭和27年 第3代会長 長 亀久麿先生就任
昭和37年 在宅輪番制による休日救急医療体制を発足
昭和45年 明石市医師会准看護学院 設立
昭和49年 明石市医師会内科医会 設立
昭和52年 在宅輪番制による救急医療体制(二次病院輪番制)を週日夜間にも開始
昭和55年 第4代会長 須賀敬直先生就任
第1回明石市女医会
昭和56年 第1回「21世紀への健康づくりシリーズ」を開催
明石市感染症サーベイランス事業をスタート
明石市医師会准看護高等専修学校の認可
昭和57年 明石小児科医会 発足
昭和58年 保健事業第一次5カ年計画(一般検診、胃癌検診、子宮癌検診)
集団検診と共に個別検診を導入
明石市医師会外科・整形外科医会 発足
昭和59年 明石市医師会館竣工
兵庫県立成人病センター 設立
昭和61年 第5代会長 橋本章男先生就任
「明石市医師会報」を創刊
救急医療委員会、産業保健委員会の発足
昭和63年 病診連携システム委員会、生涯教育委員会の発足
平成元年 明石市医師会ファクシミリネットワーク網の構築
「小地域助け合いネットワーク」へのかかわり
第40回兵庫県学校保健研究協議大会開催
平成2年 准看護高等専修学校 新校舎落成
明石市三師会の発足
痴呆性老人地域保健医療システム策定事業
平成3年 明石市要介護老人保健医療福祉システム協議会 発足
処遇検討会、対策検討会スタート
在宅医療推進モデル事業(在宅酸素療法)
地区別懇談会 発足 医療廃棄物の産廃業者への委託
総合福祉センターによる通所入浴サービスへの会員出務
明石市立市民病院 新病棟・外来棟・中央診療棟竣工
平成4年 第6代会長 原井克彦先生就任
明石市医師会精神神経科医会 発足
平成5年 かかりつけ医推進モデル事業 スタート
三公立病院との病診連携体制の実施
平成6年 第7代会長 姉崎赳夫先生就任
痴呆予防検診
三公立病院との交流会 発足
平成7年 阪神淡路大震災 被災患者受け入れ 被災地救援活動 避難所巡回診療 等
明石市医師会立訪問看護ステーション開設
平成8年 O-157感染症対策
地域保健法の制定による地域保健計画の見直し
平成9年 明石市医師会設立50周年記念式典
第11回日本プライマリ・ケア学会近畿地方会を主催
平成12年 明石市医師会立錦城在宅介護支援センター(地域型)開設
平成13年 明石市医師会立明石医療センター 設立(旧:国立明石病院)
明石基幹型在宅介護支援センター開設
明石市医師会ホームページリニューアル
明石市医師会メーリングリスト試験運用開始
平成14年 第1~3回「明石市民フォーラム」開催
明石市医師会泌尿器科医会 発足
明石市医師会メーリングリスト本運用開始
平成15年 明石医療センター附属看護専門学校 開校
明石市立夜間休日急病センター開設  夜間・休日診療への会員出務開始
明石市医師会 西訪問看護ステーション開設
明石基幹型在宅介護支援センターを明石医療福祉会館に移転
第4回「明石市民フォーラム」開催
平成16年 第8代会長 日下孝明先生就任
平成17年 第5回「明石市民フォーラム」開催
平成18年 明石市医師会地域包括支援センターを開設
第6回「明石市民フォーラム」開催
平成19年 「感染症サーベイランス速報」システム運用開始
第7、8回「明石市民フォーラム」開催
平成20年 第9、10回「明石市民フォーラム」開催
平成21年 明石市医師会館竣工 明石市医師会事務局移転
第11回「明石市民フォーラム」開催
平成22年 第12回「明石市民フォーラム」開催
平成23年 第13、14回「明石市民フォーラム」開催
平成24年 一般社団法人に移行
第9代会長 伊賀文計先生就任
平成25年 第15、16回「明石市民フォーラム」開催
平成26年 第17回「明石市民フォーラム」開催
平成27年 第18回「明石市民フォーラム」開催
平成28年 第10代会長 長 幹麿先生就任
第19回「明石市民フォーラム」開催